運命って存在する?

運命を証明するブログ。

ストナン・バーナン日記Vol.1


どうも、よきです。
とっても暑いですね。

 

先週はストとバーを再開しようかなと思い、先週は地道に活動しました。

 

そもそもストとバーはまともにできません。
この活動を始めて2ヶ月半くらいですが、齧った程度で辞めました。
バーに関してはほぼやってません。

 

では、なぜ再開したのか。

 

 


① 人生を振り返った時にこのまま辞めたら後悔するから
② この活動をズルズル続けたくないから

 

 


楽しくて居心地のいい界隈だけに、自分で線引きして引退するのがベストかなと。
恐らく100ゲットしたら辞めます。

 

 

 

~~~~~~現状~~~~~~
結果:1即
声かけの経験、和みの経験はあるも連れ出しまでの流れが不明。
~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

さて、先々週の活動を振り返ります。

(更新遅れました)


-------------------------------
出撃数:2
声かけ数:15程度
オープン率:50%くらい
バー:2声かけ、2和み。連れ出せず負け。
-------------------------------

 

思いだせる負けは下記の通り。
先週は地蔵脱出と久々の声かけということで、3つほど振り返ります。

 

_______________________________


① スト 学生/コンビ/スト5・5.5
トムくんと声かけ。ほろ酔いJDオープン。路上でセパって会話。
よき担当子がまあまあ酔っていたため、会話してても手ごたえがない。
トムくんは和み中。
よき、食いつきがないと思いなぜか損切。
打診すればいけた!!!
トムくんにも
「なんで放流した?」
と言われる始末。涙の謝罪。

_______________________________

 

② スト お姉さん系/スト5
「こんばんは」でオープン。
「お仕事帰りですか~?僕、宇宙飛行士やってて」等ふざけていると笑ってくれる。
平行トークしていると「店入るので」で放流くらう。


_______________________________


③ 21歳/コンビ/スト3・5
トムくんと羽生in。別案件逆放流くらい、二人でのむ。
雑談しているとテーブル席の案件から「飲みましょう!」と逆ナン。
スト低、テーブルの状況を見て、拒否!!!


{テーブルの状況}
案件コンビ、野生リーマン3人の計5人で楽しそうにしている。


その後もしばらく雑談していると野生リーマンから声かけくる。
「この子がお兄さんと飲みたいって」


野生が案件放流してくれて、テーブルつく。
1時間くらいゆっくり和むというより、一生ふざける。
デート打診通らず負け。

 

トム君のトーク刺しで食いつき全部持ってかれたよ!

_______________________________



 

 

改善点と良かった点も書き出します。

 


【今週の改善点】
① 連れ出し打診
声かけ、平行トークはできるけど・・・・・で止まっている。
しっかり打診しないと連れ出せるわけがない。

加えて、ノーグダでほいほい着いてくるよう案件はいない。
戸惑い、怪しいと思われるのは当然。粘って何度も打診する。

 

 

 

② 店外連れ打診
和んだら店外連れ出し打診を行うこと。
トムくんから打診を切り出すことが多い。
自分も連れ出せると思ったら、積極的に打診。
後はコンビでうまくセパる!

 

③ しゃべりすぎ
コンビの時にしゃべりすぎ、ボケ過ぎ。
笑われるけど、なんだこいつら感がすごい。
加えて案件慣れ、トーク慣れしすぎて怪しい感、チャラい感満載。
ボケとツッコミ大切。
盛り上げる中でも自己開示をしていきたい。

 

 

 

【今週の良かった点】
① 平行トークのパターン確立
声をかけたきっかけ→自己開示のパターンを確立。
洋服関連から盛り上げるのが容易。
平行トーク中に少し笑わせる小ネタも習得することができた。

 


② 声かけに抵抗がなくなってきた
ほぼ毎日やっていると習慣化して、声かけが恥ずかしいという感覚が麻痺してくる。
まだまだ完ソロへの道は遠そうだが。

 


③ 案件慣れ
箱に通って案件とたくさん話す、スキンシップをたくさん取ることの成果かなと。
特に慌てることもなく即までのルートを考えながら話ができているイメージ。
案件と和みつつも、頭は冷静な状態。

 

 


今週はこんな感じ。

 

 


しばらくは高頻度で出撃します!
暑いけどがんばりましょう。
それでは